2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幸せリックン


ニギコロは練習あるのみ

ちょっとだけニギコロできるようになったリックン。
最近はお水を替えようと少しカゴを開けると隙間から逃げ出すのが得意。
あれは早業。1秒くらいでサササ~っと逃げてきます。

張り切って逃げ出すのはいいのだけれど、愛しのティー様はカゴの中なので
呼び鳴きして、結局はカゴの上まで戻ってくることに。
すっかり尻に敷かれてる座布団リックンです(笑)


突然ですが先日ブータンが幸せな国だっていうテレビ番組を見ました。
環境を守っていく事が幸せに繋がり、97%の人が幸せだと答える国だそうです。
ツルは自分達より前からここに住んでいるのだから電線をひいて来なくなったら
寂しいという理由で電線を引くのを諦め、最低限の生活をしてる人たち。

その番組の中で、私のずーっと思ってたことが少し解決したので書こうと思います。
「多くの人は幸せと喜びを混合している」と首相さんが言ってたんです。
「喜びとは一瞬で去ってしまうもの。モノを食べて美味しいとか、そういうの。
幸せとは長く続くもの。物が沢山あるのと、幸せだというのは違う」


綺麗な家を建てたって、沢山宝石持ってたって、いつか死ぬ。
じゃあ別にいらなくない?だって死んだら持っていけないもん。
頑張って働いて、それで手に入れた何か、が幸せなの?
そうならなければ、いけないの。それを手に入れたとして
それで私は、幸せになれるのか?なんとなく、そうやってモヤモヤしてたけど。

でもそれは、「喜び」の分類だったんだと思います。
喜びって悪いことじゃないけど、幸せの為なら少し我慢もできるみたいです。
ツルが来なくなったら寂しいから、少し我慢すればいいじゃん。って
すごいことだと思うけど、実は普通のことだったりするんですよね。
あまりにも、喜びに捕らわれすぎてちゃんと大切にできなくなってるだけ。


うちの子はうちにいて幸せなのか。
そうやって考えていたけど、私が与えようとしていたものは喜びの方だったのかもしれません
美味しい餌あげようかな、とか楽しいおもちゃを買ってあげようとか。
綺麗に毎日掃除してあげなくちゃとか。もちろんとても大切な事だけど、

そういうのよりも大切なことは変わらず続いていくことなのかもしれない。
そばにいて、毎日元気にしていること。
話しかけてあげること。一緒に歌うこと。
目を見てあげること。なでてあげること。
それが鳥たちにとって幸せであればいいと願う。

それが飼い主の当たり前の幸せであればと願う。


【キノママ】



スポンサーサイト
[ 2011/06/05 02:04 ] | TB(0) | CM(2)

仕方ねぇ。転がされてやるかって顔つきがもうリックンだねぇ~

私も最近いろいろ原点にかえってみて、あぁこういう
幸せな初心の気持ちを忘れてたなぁってことが多々ある。

どんなにおいしいおやつをあげても最近サエない顔をしてる子が
どうやったら幸せな顔をしてくれるか、で、あれもこれもトライ&トライ、
どうもならん。どうしたの?何かあったん?カイヌシ半泣き、
結局、その子だけを肩に乗せて話しかけるだけで解決したり。
カイヌシ幸せの頂点!みたいな(笑

きっとこの先死ぬまでトライ&トライなんだろなぁv-8
[ 2011/06/06 02:49 ] [ 編集 ]

みみすけさんへ

そっか!
これは仕方ねぇって顔だったのか!と気づいて笑ってしまいました。
そーかそーか。なんとなく目つき悪くないか?と思ってたけど(笑)
そんなりっくん幸せなのだろうか?
いや、実はラブラブのこたちはそれだけで幸せで私のことなんて
餌くれる奴としか思ってないのかも・・なんて思ってちょっと悲しくなったりして。
しかし、こういう飼い方を選んでしまった以上は愛こそ全て、なのかも
何が正しいとか幸せとかハッキリ決まってないものだから
トライ&トライで、それが死ぬまで続くのならそれが私の幸せです^^
[ 2011/06/12 03:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://himenokinono.blog17.fc2.com/tb.php/535-36fffff3











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。